• 本

胃腸づくり50の心得 悩める現代人へ、専門医が贈る正しい胃腸の知識と守り方

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-344-92336-2
4-344-92336-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 218P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

内視鏡検査数年間1万2,000件、過去50年の豊富な実績と最新の知見から教える病気知らずの胃腸をつくるための心得。

目次

第1章 7割以上の人が胃腸の不調に苦しんでいる 現代人よ、もっと胃腸を慈しみなさい(快食・快眠・快便あってこその健康
健康な毎日を支える胃と腸、しかし不調を訴える人が増えている
胃がんが劇的に減少していくであろう理由 ほか)
第2章 多忙な現代人でもこれだけ押さえれば大丈夫!不調・病気知らずの胃腸をつくる心得50(生涯現役の胃腸になるには、まず「知る」ことが大切
強酸を出す胃も無敵ではない
ストレス、暴飲暴食、喫煙…その生活が胃を痛める ほか)
第3章 全ての不調は胃腸から始まる 胃腸のケアなしに健康長寿はあり得ない(「健診」と「検診」で胃腸の不調を見逃さない
「○○は体にいい」は鵜呑みにするべからず
「本郷流健康法」はいたってシンプル ほか)

著者紹介

本郷 仁志 (ホンゴウ ヒトシ)  
藤田胃腸科病院理事長・院長。1963年生まれ。1989年、大阪医科大学を卒業。2003年より藤田胃腸科病院院長に就任。2009年より理事長も兼務。2019年より、大阪医科大学臨床教育教授。胃腸科および内科の専門病院として「早期発見・早期治療により患者様の信頼に応える」を基本理念に、日々診療に励む。地域での啓発活動も積極的に行っており、セミナーやイベント、講演会等で発表多数。胃がん・大腸がん検診に長年携わり、大阪府がん対策推進委員、病院のある大阪府高槻市では胃内視鏡検診導入・検討委員長や高槻消化器疾患談話会代表世話人を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)