• 本

韓国内なる分断 葛藤する政治、疲弊する国民

平凡社新書 917

出版社名 平凡社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-582-85917-1
4-582-85917-8
税込価格 968円
頁数・縦 260P 18cm

商品内容

要旨

文在寅政権になって再燃した徴用工訴訟問題、慰安婦問題における日韓合意の骨抜き、国会議長による天皇謝罪要求発言…。日韓関係は「国交正常化以降で最悪」といわれるがその背景には、韓国国内の保守派・進歩派による深刻な葛藤が横たわっている。NHK前ソウル支局長が、韓国の内なる「南南葛藤」の深層を描く。

目次

序章 文在寅は「反日」なのか
第1章 韓国の内なる闘い―保守派・進歩派の「南南葛藤」
第2章 朝鮮半島分断の現在
第3章 保守派のジャンヌ・ダルク
第4章 「秘線」と「ロウソク革命」
第5章 文在寅政権が起こした地殻変動―保守派打倒の永続化
第6章 変調、そして日韓激震

おすすめコメント

文在寅大統領の「親日残滓の清算」発言の真意とはなにか。日韓関係にも影響する韓国国内の激しい権力闘争、保守派・進歩派双方による「見果てぬ革命」の深淵に迫る。

著者紹介

池畑 修平 (イケハタ シュウヘイ)  
1969年大阪府生まれ。92年東京外国語大学を卒業後、NHK入局。高松放送局、ジュネーブ支局長、中国総局(北京)、ソウル支局長、報道局国際部副部長などを経て、現在はBS1「国際報道2019」キャスターを務める。『韓国 内なる分断―葛藤する政治、疲弊する国民』が初の著書となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)