• 本

いまさら聞けないITの常識

日経文庫 1409

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-532-11409-1
4-532-11409-8
税込価格 990円
頁数・縦 223P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

5G、IoT、ブロックチェーン、機械学習、AWS、STEAM…ビジネスに必要な最新&定番技術を解説。

目次

第1章 時代とともに変わるIT(所有から共有へ―クラウド
雛壇から手元へ―モバイル
理屈から直感へ―インターフェース
直線から螺旋へ―システム開発
点から空間へ―ネットワーク)
第2章 読み書きソロバンから読み書きプログラミング的思考へ(Excel方眼紙の時代は終わった―ソフトウェア
問題の発見、分析、解決策の提示―アルゴリズム)
第3章 システム化と業務革新(諸外国では業務とシステムはセットだった―ERP
日本では業務を変えずシステムを変えた―カスタマイズ
デジタルは社会を変革し続ける―デジタルトランスフォーメーション
情報の資産化―セキュリティ
高度な通信システムを導入しても、FAXが残り続ける日本)
第4章 つながるIoT、疑心暗鬼のブロックチェーン(自己管理権の外部化―IoT
自己決定権の外部化―AI
電子マネーと暗号資産の違い―ブロックチェーン)
第5章 IT人材の育成(問題の発見から解決まで―論理的思考能力
データ分析―BI
創造力と実現力―STEM)

おすすめコメント

AIは自己決定権の外部化、ブロックチェーンは疑心暗鬼の仕組み、 クラウドは規模の経済の産物…用語集ではない実用・入門書。

著者紹介

岡嶋 裕史 (オカジマ ユウシ)  
中央大学国際情報学部教授。1972年東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所、関東学院大学経済学部准教授、関東学院大学情報科学センター所長等を経て現職。専門は情報ネットワーク、情報セキュリティ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)