• 本

不登校・ひきこもりの9割は治せる 1万人を立ち直らせてきた3つのステップ

光文社新書 1016

出版社名 光文社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-334-04424-4
4-334-04424-7
税込価格 864円
頁数・縦 243P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

統計上、クラスに1人はいる不登校の生徒。授業レベルの違い、部活の上下関係、陰口、いじめなど、きっかけは様々だが、ほとんどの場合、不登校になると家にひきこもってしまう。彼(女)らは大きな可能性を秘めているにもかかわらず、学校や行政機関などのサポートは不足している。2019年に起きた農水省元事務次官による息子の刺殺事件も、この問題の延長線上にある。適切な支援があれば、防げたであろう事態なのだ。若者の不登校・ひきこもり問題に教育者の立場から30年以上取り組み続け、延べ1万人以上の生徒を立ち直らせてきた著者が独自に開発した「規則」「責任」「自律」の3ステップモデルを公開。未来の「8050問題」は起こしてはならない。

目次

第1章 ひきこもりになるタイミングは人生で4度ある
第2章 不登校を生む教育現場の課題
第3章 全日型通信制サポート校の意義
第4章 子どもに対する親のあり方、関わり方
第5章 30年かけてたどり着いた、不登校・ひきこもり克服の3ステップ
第6章 社会貢献をして支援される側から支援する側へ
第7章 病気との関連性、スマホ・ゲーム依存への対策
第8章 第三者と信頼関係を築く方法と、長期的なケアの必要性

おすすめコメント

統計上、クラスに1人はいるとされる不登校の生徒。 進学校の授業についていけない、部活の上下関係が厳しい、女子間で陰口される、いじめられたなど理由は様々だが、そのほとんどが家にひきこもってしまう。学校や行政では彼(女)らを救えていないのが現状だ。「80−50問題」にもつながる若者のひきこもり問題にNPOの立場から30年以上取り組んできた著者が、自らが不登校状態から復帰した経験を基に確立し、述べ1万人以上の生徒を立ち直らせてきた「規則」「責任」「自律」の3ステップモデルを公開。子供の不登校・ひきこもりに悩む親は必読の一冊。

著者紹介

杉浦 孝宣 (スギウラ タカノブ)  
1960年生まれ。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校卒。小学校三年生のときに保健室登校を経験するが、養護学園に半年間通い不登校を克服した。大学卒業後に家庭教師を経験、1985年に中卒浪人生のための学習塾・学力会を設立。以来三十年以上、不登校、高校中退、ひきこもりの支援活動を行っている。2010年よりNPO法人高卒支援会を立ち上げ、現在も活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)