• 本

発掘!歴史に埋もれたテレビCM 見たことのない昭和30年代

光文社新書 1018

出版社名 光文社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-334-04426-8
4-334-04426-3
税込価格 946円
頁数・縦 269P 18cm

商品内容

要旨

一九五三年八月二十八日、初の民間テレビ放送局・日本テレビ放送網が開局して、テレビCMの時代が始まった。しかし、その草創期の姿はナゾに包まれ、これまでほとんど実態が分かっていなかった。本書は、そんな知られざる草創期のテレビCMについて、数々の発掘資料を駆使してその実態を解き明かそうとするものだ。ほとんど誰も覚えていないであろう、無名の発掘物たち。そこからどんな歴史が見えてくるのか?CM史研究の第一人者が、豊富な画像と分かりやすい解説で歴史に埋もれたテレビCMたちを現代によみがえらせる。平成から令和になったいま、遠ざかっていく昭和時代を正しく記憶するための一冊。

目次

第1章 最古のCMたち―アニメ編
第2章 最古のCMたち―実写編
第3章 今はなきCMたち
第4章 ちょっと気になるCMたち
第5章 伸びゆくニッポン産業―高度成長とCM
第6章 便利な生活
第7章 楽しい子どもたち―おもちゃ、お菓子、オマケのCM
第8章 外国と外国人
第9章 こんな映像もありました―お宝アラカルト

おすすめコメント

本書は、これまでナゾの多かった草創期の日本のテレビCMについて、数々の発掘資料からその実態を明らかにしていこうとするもの。「広告は時代を映す鏡」とよく言われる。これまで、広告に埋め込まれた時代感覚を読み解くいくつもの広告文化論や広告社会論が出版されてきた。本書もその系譜に連なるものの、類書とは決定的に異なり、本書では徹底して「無名」な作品に光を当てる。「最古」かつ「無名」のCM――。こうした作品たちを歴史の奥から掘り起こし、輝かしい名作の系譜からは見えてこない「もうひとつのテレビCM史」を綴る。

著者紹介

高野 光平 (コウノ コウヘイ)  
1972年生まれ。茨城大学人文社会科学部教授。東京大学文学部卒業後、電通勤務を経て、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻博士課程修了。同研究科助手、茨城大学人文学部講師、同准教授を経て、2016年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)