• 本

ラストダンスは私に 岩谷時子物語

出版社名 光文社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-334-95108-5
4-334-95108-2
税込価格 2,420円
頁数・縦 386P 20cm

商品内容

要旨

越路吹雪のマネージャーであり、加山雄三やザ・ピーナッツほかの大ヒット作詞家・岩谷時子は、二つの輝きで時代を駆け抜けた。「アンのゆりかご」(連続テレビ小説『花子とアン』原案)著者が、関係者への詳細な取材と、貴重な資料をもとに初めてときあかす岩谷時子の歓喜と涙。

目次

第1章 遠い春―1938(昭13)年22歳〜1939(昭和14)年23歳
第2章 宝塚文芸出版部へ―1939(昭和14)年23歳〜1944(昭和19)年28歳
第3章 姉妹の絆―1945(昭和20)年29歳〜1951(昭和26)年35歳
第4章 愛しのシャンソン―1951(昭和26)年35歳〜1953(昭和28)年37歳
第5章 東宝文芸部時代―1955(昭和30)年39歳〜1960(昭和35)年44歳
第6章 フリーランスの道―1961(昭和36)年45歳〜1964(昭和39)年48歳
第7章 二足のわらじ―1965(昭和40)年49歳〜1968(昭和43)年52歳
第8章 伝説のステージ―1968(昭和43)年52歳〜1971(昭和46)年55歳
第9章 栄光の陰に―1972(昭和47)年56歳〜1976年(昭和51)年60歳
第10章 別れの時―1977(昭和52)年61歳〜1981(昭和56)年65歳
第11章 時はゆくとも―1981(昭和56)年65歳〜1987(昭和62)年71歳

おすすめコメント

越路吹雪のマネージャーをつとめながら、歌謡曲の一時代を担った偉大な作詞家、岩谷時子。「レ・ミゼラブル」など大作ミュージカルの訳詞でも名を馳せた。常に控えめでゆるがぬ月のような存在として語られてきた岩谷の、心に秘めた情熱と本音、生涯を通して才能に恋し身を捧げた人生を、徹底的な取材で描く物語。越路吹雪、加山雄三、坂東玉三郎、郷ひろみetc.……昭和と平成の大スターたちとのモーメントが、立ち上がり動き出す。

著者紹介

村岡 恵理 (ムラオカ エリ)  
1967年生まれ。成城大学文芸学部卒業。祖母・村岡花子の著作物、蔵書、資料を翻訳家の姉・村岡美枝とともに研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)