• 本

超例解Linuxカーネルプログラミング 最先端Linuxカーネルの修正コードから学ぶソフトウェア品質

出版社名 シーアンドアール研究所
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-86354-284-6
4-86354-284-4
税込価格 3,113円
頁数・縦 198P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

Linuxカーネルで日々行われている修正を題材に業務開発におけるソフトウェアの修正を考える!Linuxの最先端でどんなことが行われているか丁寧に解説!ハッシュタグ「#カーネルパッチ勉強会」から生まれた1冊!

目次

Linuxカーネルの最先端で行われていること
ソフトウェアの品質確保の仕方
バグを作り込みやすいポイント
シンプルなミス
セキュアコーディング
リファクタリング
恐怖のメモリ破壊
チェックリスト

著者紹介

平田 豊 (ヒラタ ユタカ)  
1976年兵庫県生まれ。執筆活動歴は20年以上で、著書は18冊。#カーネルパッチ勉強会(Twitter)の主催。2004年にTera Termをオープンソース化。所属コミュニティは組込みエンジニアフォーラム(E2F)、インフラ勉強会、宿題メール。2018年にIT企業(20年勤務)を退職し、2019年よりフリーランス(個人事業主)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)