• 本

まなの本棚

出版社名 小学館
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-09-388700-7
4-09-388700-4
税込価格 1,512円
頁数・縦 240P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • まなの本棚

    芦田愛菜さんの初著書。筋金入りの“本の虫”であることをうかがわせる。子どもの感性と大人の目線の両方をあわせもった愛菜さんならではの読書案内。自身が読んで心に残っている本を、出会いのきっかけとともに丁寧に語っています。憧れと尊敬の気持ちが叶って実現した山中伸弥先生と作家辻村深月さんとの対談は、探究心溢れる問いかけに真摯に応えるやりとりが目に浮かぶようです。この夏、小中学生のお子さんと一緒に親御さんにもぜひ読んで欲しい一冊です。

    (2019年8月11日)

商品内容

要旨

「本との出逢いは人との出逢いと同じ」年間100冊以上も読み、本について語りだしたら止まらない芦田愛菜が“秘密の約100冊”をご紹介。

目次

プロローグ 宝探しみたいに本の世界へ入っていきます
第1章 語り出したら止まらない!芦田愛菜の読書愛(いちばん最初の読書の記憶
村上春樹さんに私、ハマってしまったみたい!
読書はお風呂や歯磨きと同じ生活の一部 ほか)
第2章 本好きへの扉を開いた6冊(『おしいれのぼうけん』
『不思議の国のアリス』
『都会のトム&ソーヤ』 ほか)
第3章 まなの本棚から84冊リスト(ここからスタート!の絵本
小学生で夢中になった児童書
次々と読破したシリーズもの ほか)

出版社・メーカーコメント

"運命の1冊に出逢うためのヒントに!「本の出逢いは人との出逢いと同じ」年間100冊以上も読み、本について語り出したら止まらない芦田愛菜が本当は教えたくない“秘密の約100冊""をご紹介。世代を超えて全ての人が手に取ってみたくなる考える力をつけたい親御さんと子供たちにも必読の書です。"