• 本

最後の弟子が語る折口信夫

出版社名 平凡社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-582-83810-7
4-582-83810-3
税込価格 2,860円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

先生は、心の自由な人でした。吉田健一や柳田國男、小林秀雄らとの交流、宮中の仕事、沖縄への思い、口述筆記、顔の青痣…稀有な縁で、師の晩年に寄り添った“最後の弟子”が語る真実。

目次

草喰む猫
晩年の口述筆記
父母未生以前―師とわが祖の世と
折口春洋
小林秀雄
吉田健一
山本健吉
異境の家
宮中新年歌会始
沖縄と折口信夫
死神の足音を聞く時代
家の昔と、母の手紙
日本人の神
師の六十四年祭を終って
師と親の恩愛
最晩年の詩作
挽歌 春の塔

おすすめコメント

昭和28年の死まで、折口信夫の生活と仕事を傍らで支えた「最後の弟子」が、95歳を前に、遺すべき思い出、精神的なつながりや稀有な体験を、精魂こめて綴った畢生の作。

著者紹介

岡野 弘彦 (オカノ ヒロヒコ)  
1924年、三重県生まれ。歌人。國學院大學名誉教授。主な歌集に『天の鶴群』(読売文学賞)、『バグダッド燃ゆ』(現代短歌大賞、詩歌文学館賞)、主な著書に『折口信夫伝―その思想と学問』(和辻哲郎文化賞)などがある。また宮中と関わりが深く、昭和天皇をはじめ皇室の作歌指南役を務めてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)