• 本

眠れないほどおもしろい万葉集

王様文庫 D59−4

出版社名 三笠書房
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-8379-6902-0
4-8379-6902-X
税込価格 842円
頁数・縦 269P 15cm

商品内容

要旨

旅情、情愛、無常…「人の世のすべて」がここに!あの歌に込められた“驚きのエピソード”!

目次

1章 瑞々しい情感、生命のきらめき!―「人間ドラマ」の陰で生まれた名歌の数々(「ますらをぶり」が魅力の日本最古の歌集
新元号「令和」の出典は、ここ! ほか)
2章 王位をめぐる闘い、敗者の死!―「陰謀」と「策略」のはざまで哀しく光る歌心(「溢れる才能」は、ときに悲劇の種に!?
涙なくして読めない!初代斎宮の絶唱歌 ほか)
3章 望郷の想い、愛する者たちへの想い―大伴旅人、山上憶良が集った「筑紫歌壇」とは?(大伴旅人を有名にした「酒を讃むる歌」
社会派歌人・山上憶良の「大酒飲みにからまれた宴」から逃げる歌 ほか)
4章 歌聖と和歌仙―万葉に輝く二人の天才―柿本人麻呂と山部赤人の、どこがすごいのか?(紀貫之も絶賛!「六歌仙」よりダントツに高い二人の評価
叙景歌人・山部赤人の「人となり」がわかる名歌 ほか)
5章 「人の世のすべて」を歌う、味わう!―旅情、情愛、無常―時空を超えて伝わってくる「魂の刻印」(旅こそ人生―感傷に浸るもよし、ハメを外すもよし!
「すべてを焼き尽くす天の火があればいいのに!」 ほか)

著者紹介

板野 博行 (イタノ ヒロユキ)  
岡山朝日高校、京都大学文学部国語学国文学科卒。東進ハイスクール・東進衛星予備校国語講師。受験研究所アルスファクトリー代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)