• 本

呂運亨評伝 4

日帝末期暗黒時代の灯として

出版社名 新幹社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-88400-131-5
4-88400-131-1
税込価格 4,320円
頁数・縦 320P 22cm
シリーズ名 呂運亨評伝

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

朝鮮の独立に人生をかけた運動家・呂運亨。朝鮮の独立・統一は呂運亨の思想の再評価をもって始まるべきである。

目次

第23章 朝鮮中央日報社長として(呂運亨、日帝警察に逮捕される
一〇九五日に及ぶ獄中生活の始まり ほか)
第24章 皇民化・内鮮一体化政策に抗して(「特要甲」の思想保護観察人とされる
「名士」から「親日派」へ、相つぐ転向 ほか)
第25章 日本政界との接近戦を展開して(対中和平交渉の裏面で
大川周明と同床異夢の関係 ほか)
第26章 建国同盟結成の諸様相(呂運亨、東条政権によって再逮捕
擬装「転向」を利用し尽くす朝鮮総督府 ほか)

著者紹介

姜 徳相 (カン ドクサン)  
1932年、韓国慶尚南道生まれ。早稲田大学文学部史学科卒業、明治大学大学院文学研究科史学専攻東洋史専修博士課程修了。一橋大学教授を経て、滋賀県立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)