• 本

日常にひそむうつくしい数学

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-02-331797-0
4-02-331797-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 215P 19cm

商品内容

要旨

「『ドラえもん』のポケットと同じ4次元って、どんな状態?」「きょうだいなのに、顔や性格が違う理由って?」「ロケットと飛行機の飛び方って何が違うの?」―。小6でもわかるやさしい解説で考える。

目次

1 かたち(ハチの巣は、なぜ六角形なの?
巻貝のぐるぐるは、どうやってできるの? ほか)
2 かず(花びらの枚数には、神秘的な法則が隠されていた?
「かず」は文明とともに進歩してきた? ほか)
3 うごき(どうして飛んでいる鳥は、ぶつからないの?
生き物の仕組みをまねたゲームがあるって本当? ほか)
4 とてつもなく大きなかず(単位のいろいろ
将棋の試合展開は何通りあるの? ほか)

おすすめコメント

「草や木の形はどうやって決まるの?」「13年・17年ごとにしか出てこないセミは、なぜそんなサイクルで生まれるの?」「同じ両親から生まれたきょうだいなのに、なぜ顔や性格が違うの?」――。自然界から人間が創造したものまで身の回りにある様々な「不思議」「うつくしい」「おもしろい」の謎。本書では、そこに隠された法則を数学を使って解き明かす。小学校卒業レベルで理解できる平易な解説で、数学的感覚も養われる一冊。 <本書の内容>■Chapter.1 かたち1−1.ハチの巣は、なぜ六角形なの?1−2.巻貝のぐるぐるは、どうやってできるの?1−3.シマウマのしましまは、どうやってできるの?1−4.雪の結晶は、なぜいろいろなカタチをしているの?1−5.草や木のカタチに法則はあるの?1−6.四次元のカタチはどんな感じ? ■Chapter.2 かず2−1.花びらの枚数には、神秘的な法則が隠されていた?2−2.「かず」は文明と共に進歩してきた?2−3.「分数で表せない数」を見つけた人は、海で殺された?2−4.古代ギリシャ人は日時計とラクダで地球の大きさを測っていた?2−5.ぴったり13年・17年ごとにしか出てこないセミは、なぜそうするの?2−6.この世で一番うつくしい数式って? ■Chapter.3 うごき3−1.どうして飛んでいる鳥は、ぶつからないの?3−2.生き物の仕組みをまねたゲームがあるって本当?3−3.交通費の計算は何千年もかかる?3−4.北半球の台風の渦は本当に左巻きなの?3−5.ロケットは、なぜ空気がなくても飛べるの?3−6.自動運転車はなぜうまく走れるの? ■Chapter.4 とてつもなく大きなかず4−1.単位のいろいろ4−2.将棋の試合展開は何通りあるの?4−3.Googleの語源になった巨大数?4−4.同じ親から生まれたのになぜ顔や性格が違うの?4−5.「無限」にも大小がある?4−6.大きな素数が暗号に使われているって、ほんとう?

著者紹介

冨島 佑允 (トミシマ ユウスケ)  
1982年福岡県生まれ。外資系生命保険会社の運用部門に勤務。京都大学理学部・東京大学大学院理学系研究科卒業(素粒子物理学専攻)。メガバンクにクオンツ(金融工学を駆使する専門職)として採用され、ニューヨークでヘッジファンドのマネージャーを経験。2016年に転職し、現職。2019年に、一橋大学大学院でMBA in Financeの学位を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)