• 本

AI時代対応大人の知的習慣 「複合力」こそが究極の効率化である

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-04-604344-3
4-04-604344-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

インプット×アウトプットのサイクルをどうまわすかが勝負!習慣化の仕組みを作って、「脳を開放」せよ。「行動の組み合わせ」で生産性は無限に高まる!単純作業すら「知的な瞬間」に変える驚きの思考。

目次

第1章 なぜ、今「複合力」が必要なのか?(個人の能力が問われる時代にこそ必要な力
「想定外」の事態にオリジナルな回答を出せるようになる ほか)
第2章 「複合力」を手にするための五つのポイント(自動化
頭の中にナビゲーターを持つ ほか)
第3章 複合習慣の基本パターンを身に付ける(話す×書く
聞く×書く ほか)
第4章 私が日々実践している複合行動(旅する×読む―実行難易度★
泳ぐ×アイデアを出す―実行難易度★★★ ほか)
第5章 「複合力」を身に付けて豊かで知的な人生を送る(「知的な人生」は自分で手に入れる
内側から充実している感覚を得る幸せ ほか)

おすすめコメント

単純作業すら「知的な瞬間」に変える驚きの思考「さて…」と考え込まなくても、すぐに「問い」の答えが出てくる! どの分野でも飛びぬけた結果を出す人は平素どのように情報を入手し、咀嚼し、発信しているのか? 真の知識人になるために必要な「複合力」とは

著者紹介

齋藤 孝 (サイトウ タカシ)  
1960年静岡県生まれ。明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)