• 本

S霊園 怪談実話集

角川ホラー文庫 ふ1−12

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-04-108194-5
4-04-108194-7
税込価格 616円
頁数・縦 176P 15cm

商品内容

要旨

教師が命を絶つ前に黒板に書いた記号が蘇る「先生踏切」、廃屋で見つけた謎の木箱が恐怖をもたらす「あにもの」、ある滝にまつわる怪談実話が時を経てシンクロする「滝の帰りに」、通夜の会食のあと記憶が消える「お斎のあと」、真夜中に鳴るインターホンの秘密が恐ろしい「黒い縦線」、心霊スポットとして名高い霊園にまつわる怪異を描く「S霊園」など40篇。平凡な日常生活に忍び込む怪異の数々に、じわじわと背筋が寒くなる。

目次

誤変換
友人がいた街
みずあと
失踪
鳩を見た広場
先生踏切
カンカン女
カップ麺のゆくえ
あにもの
ヤストミさん〔ほか〕

おすすめコメント

気づいた人からからめとられていく、日常と隣り合わせの恐怖携帯メールを打っている最中、変換された奇妙な文章と、その後起きた恐ろしい出来事(「誤変換」)、「兄物」と書かれた古い箱を開けた少年を襲う恐怖(「あにもの」)など、端正な筆致でつづる怪談実話集。

著者紹介

福澤 徹三 (フクザワ テツゾウ)  
1962年福岡県生まれ。デザイナー、コピーライター、専門学校講師を経て作家活動に入る。著書に第10回大藪春彦賞受賞作『すじぼり』など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)