• 本

華舞鬼町おばけ写真館 〔6〕

消えた臨港線と缶入りドロップ

角川ホラー文庫 あ6−16

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-04-107860-0
4-04-107860-1
税込価格 562円
頁数・縦 194P 15cm
シリーズ名 華舞鬼町おばけ写真館

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

異能を持つ祖父の形見のカメラは、過去の風景を写し那由多を華舞鬼町へと連れていってくれた。カメラが壊れてからは移動できずにいたが、姉のアドバイスで道祖神を祀る庚申塚から境界を越えることができ、那由多は少しだけ自信を取り戻す。久しぶりに訪ねた、華舞鬼町にある狭間堂の写真館。そこで再会した玉電の化身・玉さんから、那由多は臨港線という廃線の写真を頼まれるのだが。ついにシリーズは、クライマックスへ!

おすすめコメント

シリーズはいよいよクライマックス!祖父の形見のカメラが壊れ境界へ行く力を失ったと思った那由多だったが、自分の力で華舞鬼町に入ることができた。少しずつ自信を持ち出した彼の前に現れたのは、貧乏神?ついにシリーズはクライマックスへ!

著者紹介

蒼月 海里 (アオツキ カイリ)  
宮城県仙台市で生まれ、千葉県で育ち、東京都内で書店員をしていた作家。日本大学理工学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)