• 本

稲生物怪録

角川ソフィア文庫 J131−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-04-400497-2
4-04-400497-8
税込価格 950円
頁数・縦 269P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

江戸時代中期、広島・三次藩の武士・稲生平太郎の屋敷に、1ヶ月にわたって連日、怪異現象が頻発。その目撃談を元に描かれた「稲生物怪録絵巻」(堀田家本、全巻カラー)、平太郎本人が書き残したと伝わる『三次実録物語』(京極夏彦訳)、柏正甫『稲生物怪録』(東雅夫訳・註)が1冊に。多彩な妖怪変化、想像を絶する奇抜な生態、冷静沈着に観察する平太郎の武勇…日本に伝わる妖怪物語の最高峰が、コンパクト版で初登場!

目次

稲生物怪録絵巻(堀田家本)
武太夫槌を得る―三次実録物語 京極夏彦訳
稲生物怪録 柏正甫著、東雅夫訳・註

おすすめコメント

「稲生物怪録絵巻」をオールカラーで掲載。待望の文庫版が登場! 江戸時代中期、広島・三次藩の武士・稲生平太郎の屋敷に、一か月にわたり、連日妖怪が出没。その目撃譚をもとに描かれた絵巻や、平太郎の残した『三次実録物語』・柏正甫『稲生物怪録』の現代語訳が一冊に。

著者紹介

京極 夏彦 (キョウゴク ナツヒコ)  
小説家、意匠家。1963年、北海道生まれ。94年、妖怪小説『姑獲鳥の夏』で小説家デビュー。『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞、『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、『後巷説百物語』で第130回直木賞、『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞を受賞
東 雅夫 (ヒガシ マサオ)  
アンソロジスト、文芸評論家。1958年、神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。「幻想文学」「幽」の編集長を歴任。『遠野物語と怪談の時代』(角川選書)で第64回日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)