• 本

めっしほうこう 学校の働き方改革を通して未来の教育をひらく

出版社名 明石書店
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-7503-4867-4
4-7503-4867-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 256P 19cm

商品内容

目次

第1部(2023年、国家の一大プロジェクト―AIロボット「アイちゃん」が先生になった
大輔に異変が見られるようになった―教員は「めっしほうこう」だ
「お父さん、お父さん、目を開けて!」)
第2部(奇跡的に命だけは助かった
勤務時間を過少申告していた問題が発覚するかもしれない
勤務時間の過少申告問題で脅される校長
公務災害申請をするかどうか揺れる由紀
「わかりました、公務災害申請の手続きをします」
給特法がある限り、裁判所も教員を守ってくれないのか
子どもと教職員のためにたたかう花咲校長
「公務災害を勝ち取る会」の結成へ
持ち帰り仕事を「公務」と認めさせる秘策
シンポジウムで訴えることを決意した
学力テストを廃止する方向で検討へ
命からの訴え、そして公務災害の認定は?)

著者紹介

藤川 伸治 (フジカワ シンジ)  
みらいの教育プロジェクト呼びかけ人代表、藤川塾塾長。1957年生まれ。1980年4月から広島県公立中学校理科教員。1995年から広島県教職員組合役員、広島平和教育研究所事務局長を歴任。2000年4月から18年3月末まで日本教職員組合役員。18年4月以降、連合総研主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)