• 本

文在寅という災厄

出版社名 悟空出版
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-908117-65-7
4-908117-65-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

元特命全権大使が魂の徹底批判!日本の努力を台無しにした文政権の末路とは。

目次

序章 日韓を「敵国」として引き裂いた文在寅
第1章 前著『韓国人に生まれなくてよかった』の検証
第2章 対北・対米中外交―孤立する韓国
第3章 民主主義の仮面をかぶった独裁政権
第4章 経済と国民生活を破壊する指導者
第5章 日韓関係を崩壊させた無策
第6章 韓国人も日本人も文在寅に「NO」を!

おすすめコメント

前著『韓国人に生まれなくてよかった』で文政権が引き起こす韓国の危機を予言した著者が、日韓関係を最悪化させ、両国民に怒りと悲しみ、そして分裂をもたらす指導者の企みを看破し、日本人としてどう対応するべきかを提言する!

著者紹介

武藤 正敏 (ムトウ マサトシ)  
1948年生。東京都出身。横浜国立大学卒業後、外務省入省。韓国語研修の後、在大韓民国日本国大使館勤務。参事官・公使を歴任。前後してアジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを務めた後、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)