• 本

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから

メディアワークス文庫 し7−5

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-04-912583-2
4-04-912583-8
税込価格 671円
頁数・縦 249P 15cm

商品内容

要旨

片田舎に暮らす少年・江都日向は劣悪な家庭環境のせいで将来に希望を抱けずにいた。そんな彼の前に現れたのは身体が金塊に変わる致死の病「金塊病」を患う女子大生・都村弥子だった。彼女は死後三億で売れる『自分』の相続を突如彼に持ち掛ける。相続の条件として提示されたチェッカーという古い盤上ゲームを通じ、二人の距離は徐々に縮まっていく。しかし、彼女の死に紐づく大金が二人の運命を狂わせる―。抱えていた秘密が解かれるとき二人が選ぶ『正解』とは?

おすすめコメント

前作『私が大好きな小説家を殺すまで』が発売即重版の斜線堂有紀最新作! 最愛の人の死体は、三億円で売れる――。人生を諦めてしまった少年と、身体が金に変わる致死の病に侵された少女の、壮絶で切ない最後の夏が始まる。

著者紹介

斜線堂 有紀 (シャセンドウ ユウキ)  
第23回電撃小説大賞にて“メディアワークス文庫賞”を受賞。受賞作『キネマ探偵カレイドミステリー』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)