• 本

事実vs本能 目を背けたいファクトにも理由がある

出版社名 集英社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-08-780876-6
4-08-780876-9
税込価格 1,512円
頁数・縦 253P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

残酷な知識社会を生き抜く「正しい地図」を手に入れよう!

目次

0 ポピュリズムという「知識社会への反乱」
1 この国で「言ってはいけない」こと
2 私たちのやっかいな習性
3 「日本人」しか誇るもののないひとたち
4 ニッポンの不思議な出来事
5 右傾化とアイデンティティ

出版社・メーカーコメント

年金問題の本質は? 教育無償化は正しい? 日本人は本当に右傾化している?人気作家・橘玲が、複雑で残酷な現代社会のタブーに次々とメスを入れる。人々の目を曇らせる「本能」の向こう側にある「事実(ファクト)」にたどり着くための必読書!

著者紹介

橘 玲 (タチバナ アキラ)  
作家。1959年生まれ。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が累計30万部超、『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)が50万部超のベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)