• 本

もう逃げない。 いままで黙っていた「家族」のこと

出版社名 ビジネス社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-8284-2115-5
4-8284-2115-7
税込価格 1,620円
頁数・縦 214P 19cm

商品内容

要旨

21年前の朝、目が覚めたらぼくは「殺人犯」の息子になっていた―いじめ、差別、婚約破棄…迷い、苦しみながら、それでも強く生きていく。和歌山カレー事件、林眞須美死刑囚の長男が初めて明かす「罪と罰」、そして「生きること」の本当の意味。

目次

プロローグ―長いお別れ
第1章 狂騒―ぼくの目に映った事件の真相(ぼくたちの運命を変えた家族カラオケ
徹夜のマージャン、用水路へのゴミ捨て ほか)
第2章 宿命―ちょっと奇妙な家族の物語(「やってるわけないやろ」
母だけについた「殺人未遂容疑」 ほか)
第3章 絶望―終わりのない“断罪”の日々(友だちとの永遠の別れ
「カエルの子はカエルやな」 ほか)
第4章 葛藤―「死刑囚の子ども」という十字架(バスケの試合中に浴びたヤジ
消したくても消えないおぞましい記憶 ほか)
第5章 覚悟―やっと見つけた自分らしく生きる道(強すぎる結婚願望
両親とも「交通事故死」というウソ ほか)
エピローグ―母と笑い合える日

出版社・メーカーコメント

〜いままで黙っていた「家族」のこと〜21年前の朝、目が覚めたらぼくは「殺人犯」の息子になっていたーーいじめ、差別、婚約破棄・・・・・・迷い、苦しみながら、それでも強く生きていく。「生きづらさを感じている人にこそ読んでほしい・・・・・・」和歌山カレー事件、林眞須美死刑囚の長男が初めて明かす「罪と罰」、そして「生きること」の本当の意味。ぼくは床に倒れたまま、前の晩、母と交わした会話を思い出していた。「明日の運動会、大丈夫だよね?」「大丈夫や。超豪華弁当をつくっちゃるから、頑張れよ」母はそう言うと、親指を立てて笑った。なぜそんなことを尋ねたかといえば、子ども心になんとなく胸騒ぎがしたからだ。「大丈夫や」と笑った母は、朝起きるといなくなっていた。以来21年間、ぼくは一度も母に触れることができないでいるーー「プロローグより」