• 本

問はずがたり・吾妻橋 他十六篇

岩波文庫 31−042−13

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-00-360036-8
4-00-360036-3
税込価格 891円
頁数・縦 336P 15cm

商品内容

要旨

荷風の戦後は「問はずがたり」とともに始まる。一人の画家の眼を通して、戦中戦後の情景が映し出される。若い女性の心象を掬いとる「吾妻橋」「或夜」「心づくし」「裸体」。下町を舞台とした戯曲「渡鳥いつかへる」。戦渦を生き抜き、新たな生を受けとめる人々への哀感と愛惜のまなざし。戦後の荷風文学がよみがえる。