• 本

人権としての教育

岩波現代文庫 学術 410

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-00-600410-1
4-00-600410-9
税込価格 1,782円
頁数・縦 404P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

教育は、人に必須の人権として認められる―。1970年代以降の教育裁判に大きな影響を与えた「国民の学習権・教育権」の構造と、戦後史における教育法制の展開と課題を分析した名著『人権としての教育』(1991年)に、近年発表された「「国民の教育権と教育の自由」論再考」と「憲法と新・旧教育基本法」を追補。現在も新しい発見に満ちた本書を、次世代に贈る。

目次

第1部 国民の学習権と教育権(国民の学習権―人権思想の発展的契機としての
子どもの発達と子どもの権利
国民の教育権の構造―子どもの学習権を中軸として
追補 「国民の教育権と教育の自由」論再考―西原博史氏の言説に応えて)
第2部 日本における教育と教育法(憲法・教育基本法体制の成立の意義
戦後史における教育と法の動態
教育原理からみた憲法・教育基本法体制
追補 憲法と新・旧教育基本法―新法の合憲的解釈は可能か)

著者紹介

堀尾 輝久 (ホリオ テルヒサ)  
1933年福岡県生まれ。東京大学法学部卒。教育学で博士号。東京大学、中央大学で教鞭を執る。日本教育学会会長、日本教育法学会会長をつとめる。専門は教育学・教育思想史。現在は総合人間学会、子どもの権利条約市民・NGOの会、9条地球憲章の会などで精力的に活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)