• 本

2100年の世界地図 アフラシアの時代

岩波新書 新赤版 1788

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-00-431788-3
4-00-431788-6
税込価格 1,056円
頁数・縦 207,7P 18cm

商品内容

要旨

世界人口の重心が変化していく。二一〇〇年までに世界の人口は百億人を超え、アフリカとアジア、すなわち「アフラシア」の人々が世界人口の八割以上を占める。本書は地理情報システム(GIS)の手法を駆使し、人口分布などの地球規模の情報を多彩なカラー地図で示す二一〇〇年の未来予測である。

目次

第1部 二一〇〇年の世界地図(二二世紀に向かう人口変化
定常状態への軟着陸
新たな経済圏と水平移民)
第2部 後にいる者が先になる(ユーラシアの接続性
大陸と海のフロンティア
二つのシナリオ)
第3部 アフラシアの時代(汎地域主義の萌芽
イスラーム
「南」のコミュニケーション)
共同体を想像する

おすすめコメント

二一〇〇年に世界人口の八割以上を占める「アフラシア」の姿を、GISの手法による多彩なカラー地図で予測する。

著者紹介

峯 陽一 (ミネ ヨウイチ)  
1961年熊本県天草生まれ。京都大学文学部史学科卒、同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。現在、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授、JICA研究所客員研究員。専攻、人間の安全保障、開発研究、アフリカ地域研究。著書に『現代アフリカと開発経済学』(日本評論社、国際開発研究大来賞受賞)など。共編著に『憎悪から和解へ―地域紛争を考える』(京都大学学術出版会、NIRA大来政策研究賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)