• 本

生きのびるマンション 〈二つの老い〉をこえて

岩波新書 新赤版 1790

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-00-431790-6
4-00-431790-8
税込価格 858円
頁数・縦 219P 18cm

商品内容

要旨

修繕積立金をめぐるトラブル、維持管理ノウハウのないタワーマンション…。難題山積のなか、住民の高齢化と建物の老朽化という「二つの老い」がマンションを直撃している。廃墟化したマンションが出現する一方、住民たちの努力でコミュニティを作り、資産価値を高めた例も。何が明暗を分けるのか。豊富な取材例から考える。

目次

第1章 何が「スラム」と「楽園」を分けるのか(認知症と管理組合
「新築・売り抜け」と空き家の増加 ほか)
第2章 大規模修繕の闇と光(掠め取られる修繕積立金
「あなた、責任とれるのですか」談合・リベートのからくり ほか)
第3章 欠陥マンション建て替えの功罪(建物の不具合が法的な「瑕疵」か見極める
横浜の傾斜マンション、報道で三井不動産が態度一変 ほか)
第4章 超高層の「不都合な真実」(「容積率の緩和」という錬金術
二〇二〇年東京五輪後の不動産危機 ほか)
第5章 コミュニティが資産価値を決める(日本では、なぜ国民が住宅を持って資産を失うのか
長く住み続ける工夫が未来を変える ほか)

おすすめコメント

住民の高齢化と建物の老朽化が進むマンション。資産価値を高めて住み続けるために必要なことは何か。

著者紹介

山岡 淳一郎 (ヤマオカ ジュンイチロウ)  
1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。「人と時代」「公と私」を共通テーマに政治・経済、医療、近現代史、建築など分野をこえて執筆。時事番組の司会、コメンテーターも務める。一般社団法人デモクラシータイムス同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)