• 本

大脳基底核 意思と行動の狭間にある神経路

ブレインサイエンス・レクチャー 7

出版社名 共立出版
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-320-05797-5
4-320-05797-X
税込価格 3,520円
頁数・縦 151P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

神経路をどう読み解くか。「動く」ための神経路とは。「大脳基底核」の中の二つの神経路。「報酬」は学習の糧か。パーキンソン病の症状は大脳基底核からのメッセージ。

目次

大脳基底核の構成要素
線条体には複数の神経回路がある
大脳皮質‐大脳基底核‐視床ループ
大脳基底核は大脳皮質から入力を受ける:ふたたび
大脳基底核と学習
大脳基底核に由来する病気

著者紹介

苅部 冬紀 (カルベ フユキ)  
1998年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。現在、同志社大学脳科学研究科准教授、博士(農学)。専門は神経科学
〓橋 晋 (タカハシ ススム)  
2003年慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。現在、同志社大学脳科学研究科教授、博士(工学)。専門は脳神経科学
藤山 文乃 (フジヤマ フミノ)  
1992年佐賀医科大学大学院医学研究科博士課程単位取得退学。現在、同志社大学脳科学研究科教授、博士(医学)。専門は神経科学、神経内科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)