• 本

ライプニッツ著作集 第1期2 新装版

数学論・数学

出版社名 工作舎
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-87502-510-8
4-87502-510-6
税込価格 12,960円
頁数・縦 400P 22cm
シリーズ名 ライプニッツ著作集

商品内容

要旨

正しく判断し、発見するための普遍学の確立に生涯をささげたライプニッツ。『普遍数学』の思想的背景から微積分学の創始、ホイヘンスやニュートンとの交渉まで、時代の最先端を切り拓いた数学精神のダイナミズムを編む。

目次

1 数学論(普遍的総合と普遍的解析、すなわち発見と判断の技法について
普遍数学
数学の形而上学的基礎)
2 数学(“ガロアへの手紙”無限算へのアプローチ
“ホイヘンスへの手紙”算術的求積
重心論による求積解析1・2
求積解析第2部
3個の“実”根を持つ立方方程式の解法、虚の量の介入によって表現された実根、および第6の算術演算について
逆接線法
オルデンバーグへの手紙
接線の微分算 ほか)

著者紹介

原 亨吉 (ハラ リョウキチ)  
1918年京都市生まれ。1942年東京大学文学部卒業。文部省派遣C.N.R.S.研究員、大阪大学教授、天理大学教授、アリアンス・フランセーズ理事長などを歴任。1982年日本学士院賞・恩賜賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)