• 本

人生の踏絵

新潮文庫 え−1−39

出版社名 新潮社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-10-112339-4
4-10-112339-X
税込価格 529円
頁数・縦 228P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

もっと、人生を強く抱きしめなさい―。私たち一人ひとりが、それぞれの“踏絵”を持って生きている。キリスト教禁教の時代に踏絵に足をかけ、誰に語られることもなく歴史の中へ葬り去られた弱き人々に声を与え、その存在を甦らせた不朽の名作『沈黙』の創作秘話をはじめ、海外小説から読み解く文学と宗教、愛と憐れみ、そして人生の機微と奥深さを縦横に語った、時代を超える名講演録。

目次

人生にも踏絵があるのだから―『沈黙』が出来るまで
文学と宗教の谷間から(交響楽を鳴らしてくれるのが宗教
人が微笑する時
憐憫という業
肉欲という登山口
聖女としてではなく
あの無力な男)
強虫と弱虫が出合うところ―『沈黙』から『侍』へ
本当の「私」を求めて

著者紹介

遠藤 周作 (エンドウ シュウサク)  
1923‐1996。東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶応大学仏文科卒。フランス留学を経て、1955(昭和30)年「白い人」で芥川賞を受賞。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア作品、歴史小説も多数ある。’95(平成7)年、文化勲章受章。’96年、病没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)