• 本

「データの活用」の授業づくり 小学校算数・中学校数学

出版社名 明治図書出版
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-18-240713-0
4-18-240713-X
税込価格 2,376円
頁数・縦 149P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

絵グラフから標本調査まで、9年間の統計指導の全てがわかる。ドットプロット、箱ひげ図、四分位範囲など、重要用語も徹底解説。

目次

第1章 統計の授業づくりに向けて(統計指導を一層充実する必要性
各学年における統計の指導内容とポイント
統計指導における教材研究の方法 ほか)
第2章 データの活用の授業実践例(小学1年 習得 絵グラフをつかったかずしらべ―どんぐりの数を調べて特徴を捉えよう
小学2年 習得・活用 データカードを使った資料の再整理と読み―育てたい野菜を決めよう
小学3年 活用 複数の棒グラフを結び付けた推論―3年2組のけがを減らそう ほか)
用語解説編 統計の森へようこそ(データの種類
データを整理する表
データを視覚化するグラフ ほか)

おすすめコメント

新学習指導要領で、統計・確率分野の内容が統一・充実されて誕生した「データの活用」領域。本書では、系統的な統計指導の内容とポイントを解説するとともに、小1〜中3までの優れた授業実践例を紹介しています。事例に基づいた詳細でわかりやすい用語解説付き。

著者紹介

松元 新一郎 (マツモト シンイチロウ)  
東京都出身。東京学芸大学教育学部卒業、同大学大学院修了。共立女子学園共立女子中学校教諭、東京学芸大学附属大泉中学校教諭、金沢大学教育学部講師、准教授、静岡大学教育学部准教授を経て、静岡大学教育学部教授。平成20年「中学校学習指導要領解説 数学編」作成協力者。平成22年「評価規準評価方法等の工夫改善に関する調査研究」協力者。国立教育政策研究所「TALISビデオスタディ」国内専門委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)