• 本

「5G革命」の真実 5G通信と米中デジタル冷戦のすべて

WAC BUNKO B−301

出版社名 ワック
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-89831-804-1
4-89831-804-5
税込価格 1,012円
頁数・縦 205P 18cm

商品内容

要旨

スマホもいらなくなる5G時代の仮想社会。5Gはサイバー空間の「核」だ!技術覇権の争いではない、これは諜報戦争だ。アメリカの「5G潰し」と「6G戦略」。反トランプ「シリコンバレー」の暗躍とスパイ企業ファーウェイ。ロボット掃除機がスパイになる?「EV車はエコ」の大ウソ。世界が必要とする日本のセンサー技術…3時間でわかる「5G通信とITビジネスの未来」

目次

第1章 5G通信で世界が変わる(夢の近未来社会がやってくる?
盛り上がらないのはなぜだ!? ほか)
第2章 5G通信の技術と通信の歴史(通信速度が速くなる理由
フェイズドアレイアンテナとビームフォーミング技術 ほか)
第3章 米中対立で業界はどうなる(米国防権限法の日本企業への影響
取引先をどうやって選ぶか ほか)
第4章 自動車産業の危機(CASE革命は自動車産業の危機
コネクテッドで車両情報は中国へ ほか)
第5章 5G通信のビジネスと今後(トランプは世界の良心のために戦っている
低遅延への課題 ほか)

出版社・メーカーコメント

世界の「中国化」を狙う習近平、「自由社会」を守ろうとするトランプ。米中対立は日本のビジネスチャンスだ!3時間でわかる「5G通信とITビジネスの未来」5G時代の幕が開いた。筆者は数年前から企業向けに5G通信実験とレポート作成を重ねてきたが、5G通信に関して「これ一冊読めば、知識が無くてもザックリ分かる」というレベルの本がないことに気がついた。技術的に書いた本は前提知識がないと難しく、米中覇権争いにフォーカスした書籍などは技術や産業界を含めた動向が見えにくい。そこでYouTube番組『WiLL MOE Channel』で、5Gがこれまでの通信規格と何が異なり、どこが目新しく、そのためになぜ国際政治が揺らぐのかを簡単に解説すると意外と反響があった。それをベースに技術の話を含めて書籍にまとめることにした。(「まえがき」より)技術は世界を変える。中国型5G通信が世界に浸透することにより、統制された情報にしかアクセスできない人工世界へと導かれていく。すべてのモノによって、すべてが監視され、私たちのプライバシーは丸裸となり、それが商業的、政治的な目的で利用されていく。技術革命で起こる変化に対して、私たちは新しい技術で立ち向かうしかない。(「あとがき」より)◎スマホもいらなくなる5G時代の仮想社会◎5Gはサイバー空間の「核」だ!◎技術覇権の争いではない、これは諜報戦争だ◎アメリカの「5G潰し」と「6G戦略」◎反トランプ「シリコンバレー」の暗躍とスパイ企業ファーウェイ◎ロボット掃除機がスパイになる?◎「EV車はエコ」の大ウソ◎世界が必要とする日本のセンサー技術

著者紹介

深田 萌絵 (フカダ モエ)  
ITビジネスアナリスト。Revatron株式会社代表取締役社長。早稲田大学政治経済学部卒。学生時代にファンドで財務分析のインターン、リサーチハウスの株式アナリスト、外資投資銀行勤務の後にリーマンショックで倒産危機に見舞われた企業の民事再生業務に携わった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)