• 本

シリア震える橋を渡って 人々は語る

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-00-061357-6
4-00-061357-X
税込価格 3,520円
頁数・縦 236P 20cm

商品内容

要旨

二〇一一年三月、ついにシリアにも“アラブの春”が波及し、人々はアサド政権の崩壊を目指して抗議活動に立ち上がった。恐ろしい暴力に晒され、祖国から逃れなくてはならなかったにもかかわらず、人々は今もその夢をあきらめていない。満杯の監獄に押し込められ、誰かの遺体の上で眠るしかなかったと語る男性、シリア人には尊厳などないと嘆く女性…。彼らが語ったシリアの現実とは。

目次

第1部 権威主義体制
第2部 潰えた希望
第3部 革命の芽生え
第4部 苛酷な弾圧
第5部 武装する人々
第6部 戦時下に生きる
第7部 祖国からの逃亡
第8部 この戦争の意義

出版社・メーカーコメント

2011年,アサド政権の崩壊を目指して,抗議活動に立ち上がったシリアの人々.恐ろしい暴力に晒され,祖国から逃れなくてはならなかったにもかかわらず,彼らは今もその夢をあきらめていない.満杯の監獄に押し込められ,誰かの遺体の上で眠るしかなかったと語る男性,シリア人には尊厳などないと嘆く女性…….人々が赤裸々に語ったシリアの現実とは.SUGIZOさん(ミュージシャン)推薦.

著者紹介

パールマン,ウェンディ (パールマン,ウェンディ)   Pearlman,Wendy
ノースウェスタン大学教授。アラビア語を話し、レバノン、ヨルダン、エジプト、モロッコ、イスラエル、ヨルダン川西岸地区、ガザ地区などを含むアラブ世界で20年以上にわたり調査を行ってきた。中東に関する数多くの論文を執筆。パレスチナの民衆運動に関する2冊の著書は各界で絶賛されている。ハーバード大学、ジョージタウン大学、ブラウン大学で学び、ハーバード・ケネディ・スクール、ベルファー・センターにてフルブライト奨学生、および博士研究員を務めた。現在はイリノイ州シカゴ在住
安田 菜津紀 (ヤスダ ナツキ)  
フォトジャーナリスト。中東、東南アジア、アフリカ、東日本大震災の被災地などを取材
佐藤 慧 (サトウ ケイ)  
フォトジャーナリスト。中東、アフリカ、東ティモール、東日本大震災の被災地などを取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)