• 本

世界から戦争がなくならない本当の理由

祥伝社新書 578

出版社名 祥伝社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-396-11578-4
4-396-11578-4
税込価格 907円
頁数・縦 255P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

七四年前の八月一五日に終戦を迎えた日本は、今日まで他国と戦火を交えることなく、「平和国家」の道を歩んできた。しかし、この七四年間、朝鮮半島、ベトナム、アフガニスタン、中東…世界では絶えず戦争やテロが起き、多くの犠牲が払われてきた。現在も紛争と緊張状態が各地で続いている。なぜ、戦争はなくならないのか?「戦争のない世界」は訪れるのか?「過去から学び、反省をして、現在と未来に活かせる教訓を引き出すことが必要」と説く著者は、本書で日本と世界の戦後を振り返り、読者とともに「戦争の教訓」を探してゆく。戦後七〇年の二〇一五年に刊行された同名書籍に大幅な加筆と修正を施した“池上彰の戦争論”の決定版!

目次

序章 なぜ世界から戦争はなくならないのか
第1章 日本は本当に「平和」なのか?―「平和国家」の光と影
第2章 アメリカは同じ過ちを繰り返す―「戦勝国」の失敗の歴史
第3章 東西冷戦―実は今まで続いていた
第4章 戦争のプロパガンダ―報道は真実を伝えているのか
第5章 ヨーロッパに潜む「新冷戦」
第6章 終わることのない「中東」宗教対立
第7章 日本人が知らないアフリカ、アジアでの「代理戦争」
第8章 バックミラーに見える歴史から学ぶこと
あとがき―戦争の教訓から学ぶために

おすすめコメント

戦争がなくならない理由について、池上彰氏がするどく解説。2015年7月刊、4万部の単行本から時代により変わった内容を盛り込んで新書化。

著者紹介

池上 彰 (イケガミ アキラ)  
1950年長野県生まれ。ジャーナリスト。慶応義塾大学経済学部卒業後、73年NHKに入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。94年より11年間、NHK「週刊こどもニュース」でお父さん役をつとめ、分かりやすい解説が話題に。2005年にNHKを退社し、フリージャーナリストとして多方面で活躍。東京工業大学リベラルアーツセンター教授を経て、16年4月より名城大学教授、東工大特命教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)