• 本

特許法

第4版

法律学講座双書

出版社名 弘文堂
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-335-31550-3
4-335-31550-3
税込価格 5,280円
頁数・縦 633P 22cm
シリーズ名 特許法

商品内容

要旨

2019年までの法改正、その間の判例・学説等をフォローし、世界の変化を念頭に置きながら法解釈を進めた、第一人者によるテキスト。

目次

第1章 総論(序章
工業所有権法の沿革)
第2章 特許権(権利の発生
権利取得
異議・審判・再審・判定
審決等取消訴訟(178条以下)
特許庁長官等の処分に対する取消争訟
特許権の性質
特許権の効力
侵害
取引の対象としての特許権
権利に伴う義務
特許権の存続期間と消滅
刑事罰)

著者紹介

中山 信弘 (ナカヤマ ノブヒロ)  
1945年浜松にて出生。1969年東京大学法学部卒、同助手。1973年東京大学法学部助教授。1984年東京大学法学部教授。2008年東京大学退職。2009年明治大学研究・知財戦略機構特任教授。現在、東京大学名誉教授、弁護士。この間、産業構造審議会委員知的財産政策部会長、工業所有権審議会会長、関税・外国為替等審議会会長、知的財産戦略本部員、国立国会図書館納本審議会会長、(財)知的財産研究所会長・理事長、文化審議会委員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)