• 本

ホッブズの政治学 新装版

出版社名 みすず書房
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-622-08848-6
4-622-08848-7
税込価格 4,950円
頁数・縦 301,5P 19cm

商品内容

要旨

合理主義・個人主義・自由主義を、自覚的かつ体系的に展開した最初の政治思想家トマス・ホッブズ。本書は、若きホッブズの“動機”を掘り起しながら、『リヴァイアサン』にいたるその思想の生成を丹念に辿り、“近代性”の最下・最深の層にある近代文明の無意識に迫った透徹の書である。ここには、“近代性”の危機そのものとしての全体主義によって亡命を余儀なくされた著者の、“近代性”批判と思想史のアプローチのすべてが、萠芽的な形で凝縮されている。信頼に足るホッブズ研究書であり、またドイツからアメリカに渡り、「シュトラウス学派」を形成した著者の思想を理解するためにも、恰好の書となろう。

目次

1 序論
2 道徳的基礎
3 アリストテレス主義
4 貴族の徳
5 国家と宗教
6 歴史
7 新しい道徳
8 新しい政治学
付 カール・シュミット『政治的なものの概念』への注解

著者紹介

シュトラウス,レオ (シュトラウス,レオ)   Strauss,Leo
1899‐1973。1899年ドイツのヘッセン州キルヒハイン生れ、正統派ユダヤ教徒として育てられる。1921年、ヤーコビの認識論に関する研究でハンブルク大学より学位を授与される。1922年フライブルク大学に赴き、フッサールとハイデガーから大きな思想的影響をうけた。その後ベルリンのユダヤ主義研究所に勤め、スピノザやメンデルスゾーンの研究に従事、コジェーヴ、レーヴィット、ガダマーらと交流する。1932年イギリスに渡りホッブズ研究に取り組んだシュトラウスは、1938年以降アメリカに定住、1949年までニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ、1968年までシカゴ大学で政治哲学を講じた。現代の政治哲学者のなかで唯一「学派」(the Straussians)を形成した人物であり、その人脈はアカデミズムをこえる広がりがある
添谷 育志 (ソエヤ ヤスユキ)  
1947年栃木県に生れる。東北大学法学部卒業。明治学院大学名誉教授
谷 喬夫 (タニ タカオ)  
1947年群馬県に生れる。中央大学法学部卒業。新潟大学名誉教授
飯島 昇藏 (イイジマ ショウゾウ)  
1951年千葉県に生れる。Ph.D.(政治学、シカゴ大学)。元早稲田大学政治経済学部教授。2017年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)