• 本

氷獄

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-04-108332-1
4-04-108332-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 285P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「私が絞首台に吊されるその時、日本の正義は亡びるのです」。新人弁護士・日高正義が初めて担当する事件は、2年前、手術室での連続殺人として世を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」だった。被疑者の黙秘に苦戦し、死刑に追い込めない検察。弁護をも拒み続ける被疑者に日高正義は、ある提案を持ち掛けた。こうして2人は、被疑者の死刑と引き換えに、それぞれの戦いを開始する―。(「氷獄」)『チーム・バチスタの栄光』のその後を描いた表題作を含む、全4篇。待望のシリーズ最新作。田口・白鳥も登場!

おすすめコメント

バチスタ裁判、開廷。検察組織にメスを入れる、医療×司法エンタメ!手術室での連続殺人として世を震撼させた「バチスタ事件」。新人弁護士・日高正義は、その被疑者の弁護人となった。黙秘する被疑者、死刑に追い込もうとする検察。そこで正義は――(「氷獄」)。表題作を含む全4編

著者紹介

海堂 尊 (カイドウ タケル)  
1961年千葉県生まれ。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』で2006年デビュー。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)