• 本

歩くということ 人工関節という希望

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-344-92389-8
4-344-92389-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 182P 19cm

商品内容

要旨

健康寿命を延ばし、残された人生を幸福に生きるためには「歩く」ことが一番手軽で効率的な方法です。寝たきりにならず、いつまでも自分の足で歩くこと。もしそれができなくなっても、諦めないで。人工関節という選択肢があります。

目次

第1部 歩くということ(股関節の痛みを科学する
股関節が悪くなる原因は?
歩いて健康寿命を伸ばそう
より良い股関節治療を求めて
これからのリハビリ もっと上手に歩けるために)
第2部 歩けるということ(人工関節手術とは
自分自身の変形性関節症と向き合う
ついに勝呂先生の手術が決まる
手術をしたらこんなに変わった
人工関節手術で夢のような毎日を)

著者紹介

中村 順一 (ナカムラ ジュンイチ)  
2001年千葉大学医学部卒業。2008年千葉大学大学院卒業、医学博士取得(早期修了)。2017年千葉大学整形外科講師。所属学会:日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会評議員・指導医・専門医、日本股関節学会学術評議員
川〓 善之 (カワサキ ヨシユキ)  
1959/8/22生、千葉県。1984Zimmer Japan。1990Smith&Nephew。1999ROBERT REID INC。2001Wright Medical Japan。2007サージカルアライアンス株式会社設立、代表取締役就任。2009グローバルトラスト株式会社取締役就任。2014株式会社ユナイテッドメディカル取締役就任。2018株式会社リバースプロジェクト代表取締役就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)