• 本

読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫

感動ノンフィクションシリーズ

出版社名 佼成出版社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-333-02812-2
4-333-02812-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 128P 22cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

本間一夫は、五歳のとき、病気により視力を失いました。おさないころから本を読んでもらうことが大好きだった一夫は、成長するにつれ、自分の力で本が読みたいと願うようになります。そして十三歳のとき、入学した盲学校で、指で触れて読む文字、「点字」と出合い、衝撃を受けます。これがあれば、目の見えない人でも、自由に読書を楽しむことができる―。その一夫の思いはやがて、「日本に立派な点字図書館を創る」という大きな夢へとつながっていきました。

目次

積み木の色が…
節分の豆
本が読みたい
点字との出合い
「ぼくでなければできない仕事」
大学を目指して
かがやく学生生活
ゆれ動く心
ついに誕生!盲人図書館
戦火にも負けず
苦労を乗り越えた先に
広がる「日本点字図書館」

おすすめコメント

大正四年に生まれ、わずか五歳で失明した本間一夫氏。後に点字と出合い、「目が不自由でも読書を楽しめるようにしたい」と、日本初の点字図書館の創設に奮闘したその生涯を描く。点字に関するコラムや学習ページも充実。「読書バリアフリーとは何か」を考える上でも必読の書。ふりがな付き。小学校中学年から。

著者紹介

金治 直美 (カナジ ナオミ)  
『さらば、猫の手』(岩崎書店)にて児童文芸新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)