• 本

沖縄県民も知らない沖縄の偉人 日米の懸け橋となった男たち

出版社名 育鵬社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-594-08264-2
4-594-08264-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 237P 19cm

商品内容

要旨

貧困と陋習に苦しむ沖縄を救うためアメリカに渡った男たち!

目次

第1章 沖縄移民の父―當山久三(ウフヤーのトラ
田中正造と運命の出会い
沖縄移民事業の発展
不滅の金武町人魂)
第2章 アジアとの交流に貢献した沖縄移民二世―トーマス・H.イゲ(伊芸平八郎/経済学博士)(悪化する日米関係の中の移民生活
米国民が驚嘆した日系人部隊の奮戦
沖縄への思い
新興アジアのために)
第3章 沖縄返還交渉のキーマン―松岡政保(第四代琉球政府行政主席)(米国への留学
當山久三顕彰事業の実現
沖縄の工場勤務時代
終戦直後の混乱
松岡の闘い
第四代琉球政府行政主席に就任
沖縄祖国復帰のキーマンとして)

おすすめコメント

貧困と琉球王朝時代からの陋習(ろうしゅう)に苦しむ沖縄を救うためアメリカに渡った男たちの闘いの記録! 本書は三人の沖縄県出身者の生涯を記した。「沖縄移民の父」當山久三(とうやまきゅうぞう)、移民二世でアジア太平洋地域の交流に尽くした米経済学者トーマス・H・イゲ(日本名・伊芸平八郎)、沖縄の日本復帰の起点をつくった琉球政府第四代主席(知事)松岡政保(まつおかせいほ)である。この三人はいずれも沖縄の金武町(きんちょう)の出身なのである。(「はじめに」より) 【目次】第1章 沖縄移民の父――當山久三沖縄教育界の反逆児/田中正造と運命の出会い/金武移民軍団の形成/ハワイ上陸/沖縄に移民ブーム到来/日米紳士協定による移民制限/當山死す/不滅の金武町人魂 第2章 アジアとの交流に貢献した沖縄移民二世――トーマス・H・イゲ(伊芸平八郎/経済学博士)英雄の名を冠した沖縄移民二世/金武小学校で過ごした一年間/真珠湾攻撃のニュース/米国民が驚嘆した日系人部隊の奮戦――第100歩兵大隊とMIS部隊/琉球大学卒業式での歴史的名スピーチ/新興アジアのために/ハワイ大学でアジア研究/英雄ダニエル・イノウエとの邂逅/靖国神社遊就館へ 第3章 沖縄返還交渉のキーマン――松岡政保(琉球政府第四代主席)米国大統領に沖縄政策を提言した金武ヤンバラー/単身ハワイへ/李承晩設立の学校へ入学/工科大学で電気工学修士を取得/シカゴで暴漢三人と格闘/終戦直後の混乱/米軍政の開始/第四代琉球政府行政府主席に就任/日本政府と石油業界にケンカを売る/沖縄祖国復帰のキーマンとして/佐藤栄作総理の沖縄訪問/ジョンソン米大統領と会見/沖縄、日本復帰へ

著者紹介

惠 隆之介 (メグミ リュウノスケ)  
作家、シンクタンク「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表。昭和29(1954)年沖縄コザ市生まれ。昭和53年防衛大学校管理学専攻コース卒業。海上自衛隊幹部候補生学校、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。昭和57年退官。その後、琉球銀行勤務。平成11(1999)年退職。以降、沖縄をベースに安全保障問題を主とするジャーナリズム活動に専念。積極的な執筆、講演等を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)