• 本

奇妙な死刑囚

出版社名 海と月社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-903212-67-8
4-903212-67-X
税込価格 1,980円
頁数・縦 465P 19cm

商品内容

要旨

貧しい黒人ゆえに、無実のまま死刑囚にされた男は、狂わんばかりの怒り、絶望、恐怖の果てに、囚人らしからぬ生き方をしはじめ、奇跡を手にする。

著者紹介

ヒントン,アンソニー・レイ (ヒントン,アンソニーレイ)   Hinton,Anthony Ray
黒人差別が残るアメリカ南部アラバマ州に生まれ育ち、1985年、29歳のときに逮捕、起訴される。身に覚えがなかったが、貧しいゆえに、まともな弁護士も雇えず死刑宣告。以後約30年間、死刑囚監房ですごす。最初の数年は憎しみと絶望のあまり誰とも口をきかなかったが、次第に独房でも自分らしく生きていくことを目指すようになる。その結果、他の死刑囚や職員の心までも変えていった。1999年、人権派のブライアン・スティーブンソンが弁護人に。その後も紆余曲折を経て、2015年4月、釈放。今なおアラバマ州に住み、刑務所改革を訴える講演を精力的におこなっている
栗木 さつき (クリキ サツキ)  
翻訳家。慶應義塾大学経済学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)