• 本

怪談和尚の京都怪奇譚 続

文春文庫 み40−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-16-791336-6
4-16-791336-4
税込価格 715円
頁数・縦 214P 16cm
シリーズ名 怪談和尚の京都怪奇譚

商品内容

要旨

とあるシェアハウスの“開かずの間”。ひょんな理由から女子学生がその部屋に住むことになった。ただしクローゼットは絶対に開けないという条件で。ところが夜になると聞こえてくる謎の音。日に日に増すこの音は一体どこから…(「シェアハウス」)。京都・蓮久寺の三木大雲住職が受けたリアルな相談・体験談に説法を織り交ぜた新しい怪談。

目次

第1章 無念
第2章 供養
第3章 呪い
第4章 巡る
第5章 禁戒

おすすめコメント

鏡、リボン、ぬいぐるみ――身近な物に怨念が宿る。峠、公園、横断歩道――見慣れた場所に怪異は潜む。ほら、あなたのうしろにも…。

著者紹介

三木 大雲 (ミキ ダイウン)  
1972(昭和47)年京都の寺院の次男として生まれる。多くの寺院で修行を積み、2005(平成17)年京都の光照山蓮久寺の第38代住職に就任。怪談を切り口にしたわかりやすい「怪談説法」を確立する。京都日蓮宗布教師会法話コンクール最優秀賞受賞。14年、「稲川淳二の怪談グランプリ」優勝。18年、“最恐”怪談師決定戦「怪談王」優勝。OKOWAチャンピオンシップ初代チャンピオン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)