• 本

ひとり旅立つ少年よ

文春文庫 テ12−6

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-16-791341-0
4-16-791341-0
税込価格 1,012円
頁数・縦 358P 16cm

商品内容

要旨

父が殺された。父は詐欺師だった。奴隷解放運動の資金の名目で大金を巻き上げ、それを狙う悪党に殺された。12歳の少年チャーリーは金を約束どおり届けようと決意する。時は19世紀。父の贖罪のため、少年は遙か南へと旅立つ。だがそのあとを父を殺した男たちが追う…。『音もなく少女は』『その犬の歩むところ』の名匠の新たなる感動作。

おすすめコメント

悪党が狙う大金を奴隷解放運動家に届けるべく少年は一人でアメリカ縦断の旅に。非道の中の人間の尊厳を描き続ける巨匠の会心作。

著者紹介

テラン,ボストン (テラン,ボストン)   Teran,Boston
アメリカ、サウスブロンクスのイタリア系一家に生まれ育つ。1999年、『神は銃弾』でデビュー、イギリス推理作家協会新人賞を受賞、「このミステリーがすごい!」第1位、日本冒険小説協会大賞の3冠に輝く。『音もなく少女は』は「このミステリーがすごい!」第2位となり、『その犬の歩むところ』は本屋大賞「翻訳小説部門」第3位に選ばれた
田口 俊樹 (タグチ トシキ)  
1950(昭和25)年、奈良市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)