• 本

日本の水道をどうする!? 民営化か公共の再生か

出版社名 コモンズ
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-86187-159-7
4-86187-159-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 249P 19cm

商品内容

要旨

水は人権であり自治の原点だ。商品ではない!再公営化に向かう世界のトレンドを紹介し、逆行する日本の水道政策の意図を暴き、民営化に反対する市民の声を伝え、住民による管理と公共サービスの再生をめざす。

目次

第1章 世界の水道民営化の三〇年―「人権としての水」を確立してきた国際市民社会の闘い
第2章 公共サービスの再公営化が世界のトレンド
第3章 世界と逆行する日本の政策
第4章 民営化が懸念される自治体
第5章 「公共の水」をどう維持し、発展させるか
エピローグ 水は自治の基本―未来の公共サービスを創るために

著者紹介

内田 聖子 (ウチダ ショウコ)  
1970年生まれ。大分県別府市出身。NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表。出版社勤務などを経て2001年よりPARCに勤務。TPPなどのメガFTAやWTOなどの自由貿易・投資協定のウォッチと調査、提言活動、市民キャンペーンなどを海外の市民社会団体とともに行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)