• 本

オリンピックは平和の祭典

出版社名 大修館書店
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-469-26870-6
4-469-26870-4
税込価格 1,836円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

聖火・休戦・開会式…オリンピックが発信する平和希求のメッセージ。

目次

序章 オリンピックはなぜ「平和の祭典」と呼ばれるのか
第1章 古代オリンピックの「エケケイリア=聖なる休戦」
第2章 クーベルタンの平和思想
第3章 ベルリン大会ボイコット運動と「幻の人民オリンピック」
第4章 聖火リレーと平和メッセージ
第5章 「オリンピック休戦」という制度
第6章 東京大会の平和メッセージ
第7章 冬季大会の草の根平和メッセージ・リレー
第8章 「オリンピック休戦の壁」の存在とその活用
第9章 開会式のオリンピック平和希求メッセージ
第10章 二十一世紀のオリンピック平和運動
終章 平和運動としてのオリンピック

著者紹介

舛本 直文 (マスモト ナオフミ)  
1950年広島県生まれ。広島大学卒、東京教育大学大学院修了。筑波大学、東京都立大学を経て、首都大学東京教授を歴任。2016年に同大学を定年退職後、同大学特任教授、武蔵野大学客員教授。NPO法人日本オリンピック・アカデミー会員(理事)。専門はオリンピック研究、スポーツ映像文化論、博士(体育科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)