• 本

こんなに借金大国・中国習近平は自滅へ! 2020年中国の真実

WAC BUNKO B−300

出版社名 ワック
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-89831-800-3
4-89831-800-2
税込価格 1,012円
頁数・縦 248P 18cm

商品内容

要旨

米中貿易戦争で「中国製造2025」「一帯一路」は破綻!チャイナ・ウォッチャー二人の最新予測!

目次

第1章 「張り子の虎」だった中国・習近平体制(「中国製造2025」から「中国自滅2025」へ
習近平の命乞いもフィナーレ ほか)
第2章 侵略国家中国は、ソ連同様「人権」で滅びる(「ユダヤ虐待・ヒトラー」&「ウイグル虐待・習近平」
「大躍進」「文革」の恐怖が再び襲う ほか)
第3章 儒教と孔子の違いから分かる中国の真実(孔子の教えと儒教とは全く無関係
皇帝の尊厳を守るために儒教が活用された ほか)
第4章 中国社会をいまも支配する「宗族主義」「一族イズム」が腐敗の根源(習近平も親、一族の利益が最優先
宗廟が栄えている中国 ほか)
第5章 中国経済破綻に備えよ(中国の借金は麻薬付けで逃れられない
もうどうにもならない高速鉄道建設 ほか)

著者紹介

宮崎 正弘 (ミヤザキ マサヒロ)  
評論家。1946年、石川県金沢市生まれ。早稲田大学中退。『日本学生新聞』編集長、月刊『浪漫』企画室長などを経て貿易会社を経営。1982年、『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇へ
石 平 (セキ ヘイ)  
評論家。1962年、中国四川省成都生まれ。北京大学哲学部卒業。四川大学哲学部講師を経て、1988年に来日。1995年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務ののち、評論活動へ。2007年、日本に帰化する。著書に『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書、第23回山本七平賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)