• 本

ロスの精神科医が教える科学的に正しい疲労回復最強の教科書

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-7973-9846-5
4-7973-9846-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 220,10P 19cm

商品内容

目次

第1章 脳を空白にする―Empty your brain(ネガティブループに陥ったら「動きのイメージトレーニング」で3割楽観的になる
行き詰まりを感じたら考えを「滝」にたとえて逆から見る ほか)
第2章 仕事と自分を切り離す―Space from work(仕事と家庭の行き来に疲れたら「サードプレイス」という逃げ場を持つ
長いトンネルから抜け出したいなら「フォースプレイス」を持つ ほか)
第3章 自分を解放する―Release yourself(いつも周りに振り回されるなら猫を飼う
自分を取り戻したいなら人に言えない習慣を作る ほか)
第4章 空白を味わう―Time savoring(空白の時間が手に入ったら何もしない
過去にしばられないためにはセイバリングで現在に幸せを発見する ほか)

おすすめコメント

精神科医が教える心を保つ方法とは?ロスの日本人精神科医が教える心を守る57の方法 1日5万にも及ぶ考えの8割はネガティブなものであると言われています。このままにしていると、私たちはすぐ、心を病んでしまいます。脳はずっと何かを考えたまま、車でいうアイドリング状態を続けていると休むことができません。では激しいビジネス環境に身を置く世界のエリートは、どのように脳を休め心を保っているのでしょうか。本書はエビデンスに基づいた、心を休める方法を精神科医が教えます。

著者紹介

久賀谷 亮 (クガヤ アキラ)  
M.D./Ph.D.医師(日・米医師免許)/医学博士。イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)