• 本

知ってはいけない医者の正体

SB新書 486

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-8156-0268-0
4-8156-0268-9
税込価格 935円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

本書では、「なぜ医者が事実を隠そうとするのか」「患者の気づかないところで、何をしているのか」をすべてお伝えします。しかし、単なる暴露本ではありません。なぜ医者や病院がこんなことをしてしまうのかも解説します。すると患者さんのほうも、「怠けていたり患者を見下しているわけではなく、真剣に病気やけがを治そうとする結果、やむを得ずしてしまう行動なんだ」と思うこともあり、今まで以上に医者への不信感は払拭され、よい医療を受けられることも増えるはずです。医者と患者の溝を埋めることこそ本書の目的です。

目次

第1章 診察(患者の見た目や地位で、医者は行動を変えるのか?
「様子を見ましょう」って、治すのが医者の仕事じゃないのか?
「心配ない」となかなか言わない医者はヤブ医者なのか?
まともに患者と話すつもりがないのが本音なのか?)
第2章 薬・治療(医療ミスをしやすいのは、どんな医者か?
同じ症状でも、医者によって薬がどうして違うのか?)
第3章 健康診断(健康診断。医者が受ける検査と、受けない検査は何か?)
第4章 病院(病院図鑑で評価が高いと、いい病院なのか?
地域によって医者や病院のレベルって変わるのか?
病院にはサービスの概念が一切存在しないのか?)
第5章 入院・手術(手術が長い。退院が延期。何か悪いことがあったのか?
最期を迎える際に、治療法と場所は選べるのか?)

おすすめコメント

10万人を診た医者が医療現場の裏側を大暴露 「何を根拠に『様子を見ましょう』とか『大丈夫』とか言うの?」「同じ症状でも、医者によって薬の出す量が違うのはなぜ?」「有名大学の附属病院はやっぱり優秀なの?」「神の手と呼ばれる外科医には、どうすれば執刀してもらえるの?」医者や病院に一度は聞いてみたいことって、ありませんか? 大型総合病院から、町の小さな診療所まで勤務し、10万人以上の患者と接してきて、患者から多くの「すごく聞いてみたい質問」を聞いて答えてきた現役医師が、医者や病院の実態を大暴露したのが本書です。一度は気になったこと、この本に書いてあるはずです。さらに、医療現場の実情に迫りつつも、患者や患者の家族はどうすれば、より良い診療を受けることができるのかまでも、しっかりと提言しています。病院に行く前に、必ず読んでください。

著者紹介

平松 類 (ヒラマツ ルイ)  
医師/医学博士/昭和大学兼任講師。愛知県田原市生まれ、東京の多摩地区育ち。昭和大学医学部卒業。大学病院から町の小さな診療所まで、全国各地の病院に勤務し、病院の裏側も膨大に見てきている。のべ10万人以上の患者と接してきたことから、患者からの「医者にすごく聞いてみたい質問」に数多く答えてきた。現在、二本松眼科病院、彩の国東大宮メディカルセンター、三友堂病院で勤務。受診を希望する人は、北海道から沖縄まで全国に及ぶ。専門知識がなくてもわかる歯切れのよい解説が好評。著書は15万部突破の『老人の取扱説明書』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)