• 本

ギルガメシュ王の物語 新装版

出版社名 ぷねうま舎
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-906791-90-3
4-906791-90-5
税込価格 2,860円
頁数・縦 278P 17cm
シリーズ名 ギルガメシュ王の物語

商品内容

要旨

すべての物語はここから生まれた。

著者紹介

司 修 (ツカサ オサム)  
1936年生まれ。独学で絵を学び、絵画創作にとどまらず、絵本の原画、書籍の装丁、また小説の執筆にと幅広く活躍する。絵画の手法は、初期の抽象画・シュルレアリスムの画風から、世界各地への旅で生まれた具象画、そしてコンピュータ・グラフィックスを駆使した作品まで、多岐にわたる。カトリック作家・小川国夫との長年にわたる親密な交流や、旧約・新約聖書(岩波書店、2004‐05)の装丁を手がけるなど、聖書をはじめとする古代文書の世界との縁は深い。99年より、法政大学国際文化学部教授を務める。78年、『はなのゆびわ』などで、小学館絵画賞受賞。小説では、88年、「バー螺旋のホステス笑子の周辺」(『海燕』掲載)で芥川賞候補となったほか、93年には「犬」(『影について』新潮社)で川端康成文学賞を受賞する。また、2007年、『ブロンズの地中海』(集英社)で毎日芸術賞を受賞
月本 昭男 (ツキモト アキオ)  
1948年生まれ。専攻、旧約聖書学・古代オリエント学。東京大学大学院博士課程中退。チュービンゲン大学にてDr.Phil.取得。現在、立教大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)