• 本

死ぬんじゃねーぞ!! いじめられている君はゼッタイ悪くない

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-16-391072-7
4-16-391072-7
税込価格 1,296円
頁数・縦 206P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 死ぬんじゃねーぞ!! いじめられている君はゼッタイ悪くない

    自身が不登校でつらい時間を経験したしょこたんが、熱くそして静かに語りかける。わかっているような大人の言葉には、明日を生きる糸口には結びつかない。それを経験したからこそ、しょこたんは十代だった自分が、大人になってみつけた言葉と気持ちで語りかけてくれる。彼女自身が描いた漫画が、それを一層に理解させてくれる。いじめは無くならないだろうと決めつけるのでなく、それならまず減らすことからやってみてはどうだろう。そんなふうにいじめ問題を真剣に考えるきっかけにもなる。大切な本に出会った。

    (2019年8月11日)

商品内容

要旨

いじめられて不登校になった中川翔子が“死にたかった夜”の先に見つけた気持ち。いじめで傷つき悩むあなたに言葉と漫画で綴る。

目次

第1章 わたしのいじめ体験(スクールカーストのなかで
「キモい子」というレッテル ほか)
第2章 いまの時代のいじめについて(インタビュー)(まずは大人に変わってもらいたい(みゆうさん)
「逃げ道」ではなく「違う道」(ちはるさん) ほか)
第3章 いじめ時間をサバイブする(「卒業すれば楽になるよ」と言われても
今日一日をサバイブする ほか)
第4章 未来の種を見つける「さなぎの時間」(「明るい遺書」が人生の転機に
共感できる人は必ずいる ほか)

おすすめコメント

いじめに悩む子どもたちが、未来の扉を開くために―― タレント、女優、歌手、声優として活躍する中川翔子さんが、いじめで不登校になり、「死にたい」とまで思い詰めた先に見つけた気持ちを文章と漫画で綴ります。大人になったいま、中川さんがなによりも伝えたいの「ゼッタイに、死を踏みとどまってほしい」という切実な思い。本書では中川さんがSNS時代のいじめの現状を専門家や子どもたちにも取材して、「いじめをなくすためにいまできることは何なのか」についても考えていきます。いじめで傷つき悩んでいる子供たち、さらには、その周囲のすべての親や教育関係者にも向けた渾身のメッセージです。

著者紹介

中川 翔子 (ナカガワ ショウコ)  
1985年5月5日生まれ。東京都出身。2002年、ミス週刊少年マガジンに選ばれ芸能界デビュー。タレント、女優、歌手、声優、漫画など、多方面で活躍。近年は自身の経験をふまえて「いじめ・引きこもり」のテーマと向き合い、多数の番組に出演。2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた「マスコット審査会」委員、2025年開催の国際博覧会(万博)に向けた「万博誘致スペシャルサポーター」も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)