• 本

共振形スイッチングコンバータの基礎

出版社名 オーム社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-274-22409-6
4-274-22409-0
税込価格 3,456円
頁数・縦 212P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

共振形コンバータは、矩形波コンバータに比較して、効率が良くノイズが少ないという特徴を持っており、最近使用する機器が増えてきています。本書の第1部では、共振形コンバータが開発された経緯、共振スイッチと共振スイッチを降圧形コンバータに適用した4つの回路例、絶縁形共振コンバータのいろいろな回路方式について説明します。第2部では、最も広く使われている電流共振形コンバータの動作電圧・電流、昇降圧比、静特性、動特性、出力電圧の過渡応答、周波数特性の理論式を新しい方法で導き、計算結果を示します。また、設計に際して注意すべき点についても説明します。

目次

第1部 共振形コンバータとその代表的な回路方式(共振形コンバータが開発された背景
共振スイッチと共振形コンバータ
絶縁形共振コンバータ)
第2部 電流共振形コンバータの基礎(動作原理
無負荷状態の動作
負荷を引いた状態の動作
静特性
動特性
出力電圧の過渡応答
周波数特性
設計に際して注意すべき点)
付録

おすすめコメント

共振形スイッチングコンバータの原理がわかる!電気・電子機器には、交流電圧を直流電圧に変換し、一定に制御された電圧を負荷回路に供給する電源回路が付いています。ここには小型・軽量で効率が高いスイッチング電源が使われています。スイッチング電源は、矩形波コンバータと共振形コンバータに大きく分けることができ、スイッチング電源が開発された当初は、矩形波コンバータが主に使われていました。しかし、ノイズが大きいことから、音響機器や計測器、これ以外のノイズを嫌う機器には使われていませんでした。共振形が開発されてからは、ノイズの問題がなくなり、共振形コンバータが使われるようになりました。共振形コンバータは、矩形波コンバータに比較して、効率が良く、ノイズが少ないという特徴を持っており、効率の面からも、最近使用する機器が急増しています。そのなかで、電圧共振と電流共振を利用した複合形の電流共振形コンバータが、最も広く、いろいろな機器に使われています。 本書は、共振形コンバータが開発された経緯から、共振スイッチと共振スイッチを降圧形コンバータに適用した4つの回路例、絶縁形コンバータのいろいろな回路方式について第1部で説明します。第2部では最も広く使われている電流共振形コンバータについて詳細を解説します。本書を読み込むことで、読者は共振形コンバータについての基礎知識と、電流共振形コンバータに展開したときに必要な技術を理解することができます。また、従来の解析手法よりも精度の高い最新の解析手法を解説することで、熟練した技術者にも役立つ内容になっています。

著者紹介

落合 政司 (オチアイ マサシ)  
長崎大学大学院生産科学研究科博士課程修了、工学博士。元群馬大学客員教授(2012〜2017年度)。芝浦工業大学非常勤講師(2014年度〜)。小山工業高等専門学校非常勤講師(2011年度〜)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)