• 本

むしめづる姫宮さん

ガガガ文庫 ガて2−11

出版社名 小学館
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-09-451806-1
4-09-451806-1
税込価格 693円
頁数・縦 351P 15cm
シリーズ名 むしめづる姫宮さん

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

宮城県宮城郡浦上町。そこは虫の魂が漂う不思議な町。時に虫の魂は未熟な思春期の若者の魂にひきよせられ、憑いてしまう。そんなとき老人たちは告げるのだ。「山の上の姫宮さんの所に行きなさい」と。身も心も小さい有吉羽汰は、ある日突然、身の丈にあわない「おせっかい」をしてしまうようになってしまう。それを祖母に相談すると、姫宮さんのところへ行くように勧められるのだった。―だが、そこにいたのは昆虫のことが大好きなだけの、引っ込み思案の女の子で?虫と人間、五分と五分の魂が巻き起こす、ちょっと不思議な青春物語。

出版社・メーカーコメント

一寸の虫にも五分の魂。それはヒトも同じ。――宮城県宮城郡浦上町。そこは虫の魂が漂う不思議な町。時に虫の魂は未熟な思春期の若者の魂にひきよせられ、憑いてしまう。そんなとき、町の老人たちは、そっと若者に告げるのだ。「悪い虫に憑かれたら山の上の姫宮さんの所に行きなさい」と。身も心も小さい有吉羽汰は、ある日突然、身の丈にあわない「おせっかい」をしてしまうようになってしまう。そのことを祖母に相談すると「……悪い虫さ憑かれたんだな」と姫宮さんのところへ行くように勧められるのだった。だが、そこにいたのは昆虫のことが大好きなだけの、引っ込み思案の女の子で――?セミの魂に憑かれ、五日おきにしか家を出られなくなった幼馴染み。バッタの魂で集団化し、学校を支配し始めた女子ダンス部たち。虫の魂による奇妙な騒動を、羽汰は虫好き少女姫宮さんとともに解決してゆくことになるのであった。虫と人間、五分と五分の魂が巻き起こす、ちょっと不思議な青春物語。